日本人は叢生という歯並びが多い!該当者は矯正歯科へ

歯並び 歯並びは生まれつきのものだというイメージが強いです。
確かに、生まれ持ったものが大きいのですが、実は日本人は骨格的に、歯の大きさに対して顎の骨が小さいという特徴があります。
歯がきれいに並ぶためのスペースが足りていない状態なので、日本人の歯並びはデコボコしてしまう人が多いです。
このデコボコした歯並びのことを叢生と呼び、矯正歯科を受診する理由としてあげられます。

叢生は、見た目が悪いので気になるという人が多いです。
確かに、きれいに並んでいるのではなく、デコボコした状態は自分で鏡を見ても気になります。
さらに、見た目だけの問題ではなく、食事の際にも問題があります。
噛み合わせが悪くなってしまうので咀嚼効率が低下して、胃腸への負担が強くなる人が多いです。

また、デコボコした部分は歯ブラシが届きにくいので磨き残しが多く見られるため、虫歯や歯周病といった病気のリスクも高まってしまいます。
舌の位置も安定しないので、発音にも影響がでることもあるでしょう。

叢生だと気づくのは、乳歯から永久歯へと生え変わる時期であることが多いです。
本来、子供のお口の中というのは永久歯が生えるスペースを作るために隙間があいています。
けれども、乳歯が隙間なくきれいに並んでしまう顎の大きさなので、乳歯よりも大きな永久歯が生えてくるとガタガタになってしまうということです。
乳歯が抜けないまま、後ろ側から永久歯が生えてしまうケースもあります。

叢生は自然にしていても治るものではありません。
気になった場合は矯正歯科を受診しましょう。
矯正歯科はワイヤー装置を付けるため、目立ってしまって嫌だと感じる患者さんが多かったのですが、最近ではワイヤーではなく他の器具を使った治療法法もあります。
患者さんのお口の状態に合わせて治療器具は選択されます。
人前に出る仕事をしているという場合は、ワイヤーを歯の裏側にかけるということも可能です。
仕事や日常生活に支障のない方法を考えてくれるので、相談してみましょう。

さらに、子供の場合はまだ矯正治療は早いと感じることもあるようですが、早い時期に矯正歯科を受診することでお口の状態を正確に把握することが可能です。
顎の成長を促進させる治療をすれば、ワイヤー装置を付けなくても歯並びをきれいにすることもできます。
成長に合わせた治療ができるので、気になる場合は矯正歯科に相談してみましょう。
その際は、気になっている部分だけでなく、困っていることも伝えると安心です。